×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

闇金とは?

闇金とは、破産手続をした人や多重債務者で、もうこれ以上サラ金等から借入ができないような人をターゲットにし、ダイレクトメールや雑誌の広告などで、低利で、無担保で、誰にでも融資するという嘘の告知をし、電話すればお金を貸してくれるという一見便利そうな貸金業者である。

しかし、その実体は、5万円ほど貸付、毎週、利息として1万円から2万円を支払わせるというもので、それも脅迫、恐喝の手段を用い、時には関係のない債務者の周囲の人までまきこんで取り立てをし、いつまで返済しても元金は減らないというもので、年利にすると1,000%以上というとんでもない高利の違法な金銭消費貸借である。わずかな期間に元金の倍、20倍という金額を支払わされることになる。出資法により29.2%以上の利息は禁止されている。この規定に違反した者は刑事罰の対象となる。本来、闇金は全員逮捕されてもおかしくないのである。

闇金は、どうして支払能力の無い破産した者や多重債務者を狙うのかというと、闇金は、貸したお金の回収には自信がある。闇金には貸金業として登録をしている者もいるし、文字通り登録していない者もいる。
闇金は、法律を守って貸金業をやっている業者とは違い、貸したお金の回収には手段を選ばない。
もちろん違法な手段も使う。闇金はどうすれば債務者が支払うかよく知っている。
債務者が一番困るのは、自分が返済しないことで、自分の勤めている会社や親、兄弟、知人に迷惑がかることである。人は自分のことで他の人に迷惑がかかるということを非常に苦にする。
この心理を利用して、債務者の周りの人々に迷惑がかかるようにすれば債務者はお金を工面して支払うので、方々に電話するだけで回収できるのである。
貸した金額の何倍も回収できるのであるから、お金に困っていてどこからも借りられない、言い換えれば、闇金からしか借りられない破産した者や多重債務者はいいお客さんなのである。

債務者はお金がないのにどうやって返済するのかというと、他の闇金から借りて返済するほかはないので、次々と借りて30、40の闇金から借りてしまうというケースも多々ある。

被害例

サラリーマンTさんは、貸金業者C社(登録番号詐称)からダイレクトメールが届いた。
Tさんは消費者金融から500万円の借入れ(実質金利21.0%)を行っており、「金利1.8%で融資します」と書かれたダイレクトメールを見て低金利のC社に借り換えようと決意し、500万円の融資を申込んだ。
後日、その業者より1万円の振込みがTさんの口座にあり、1週間後に5万円振込め(返済しろ)と連絡があった。
本日は支払えないと告げたところ、Tさんの親宛に50万円の請求をされ、さらにTさんの息子さんが働いている職場には「金を返せ」などの嫌がらせのFAXが100枚も届いた。

取り立てにお困りの方はこちらから相談
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヤミ金被害救済は
エストリーガルオフィスへ!